Top >  0デート時にオススメの映画 >  今年一番感動した映画でした

今年一番感動した映画でした

パディ・コンジダイン監督、ピーター・ミュラン主演、オリヴィア・コールマンの『思秋期』はとても良い映画でひさびさに大泣きしました。日常に疲れきった大人たちのとても優しい恋でした。厳しくてきつい現実を突きつけられる映画ですが、それだけでは終わらず、気付けば最後には温かい希望が生まれている、そんな内容でした。中高年の恋なんてと思うかも知れませんが、この映画の主人公たちも抱えている問題は、今の私の世代の抱えている、生き辛さや、行き場のなさと、かぶって見えて人事には思えません。どんなにあがいても、抜け出せない、悪い方に向かっていくのを止められない、そんな主人公たちの決死の恋を、自分が生きていくことで疲れきって、恋愛なんて考えられない、また今の恋をあきらめそうになっている人に見てほしいです。たとえ傷つけあうことがあっても、誰かと係わるって良いなと思えます。

0デート時にオススメの映画

関連エントリー

デートで観るおすすめ映画 幸せの黄色いハンカチ 少し長く付き合っているカップルにオススメ 今年一番感動した映画でした